• ホーム
  • ゼニカルの副作用や費用が心配ならジェネリックを紹介してもらおう

ゼニカルの副作用や費用が心配ならジェネリックを紹介してもらおう

2020年05月26日
食事している肥満の女性たち

ゼニカルは安全性が高く、脂肪分の吸収を阻害してくれるため脂っこい食べ物が好きだという人にはおすすめの薬です。しかし、それでも副作用や費用が心配だという人はジェネリックを紹介してもらいましょう。ゼニカルにはジェネリックがたくさんあり、ビーファットやスリムトリム、オベリットなどがあります。ゼニカル自体がとても効果が高く痩せる薬のため、色々なメーカーがジェネリックを作っているそうです。基本的にはビーファットもスリムトリム、オベリットもオルリスタットが成分で効果は同じだと言われていますので、何を紹介してもらっても良いでしょう。オルリスタットはゼニカルにも含まれている成分で、食事で摂取する脂肪分を約30%カットしてくれる働きがあります。しかも、ジェネリックを紹介してもらえば安く手に入れることができるというメリットもあります。しかし、手に入れるには個人輸入でしか手段がありません。通販でもamazonや楽天などの一般的なサイトや、アットコスメなどの美容品通販サイトでは取り扱っていません。病院や医療施設でも日本国内では取り扱いが殆どありませんし、海外の製品となりますので個人輸入を代行しているサイトで購入をしましょう。有効成分であるオルリスタットは、実際に治療で約9割ほどの人に痩せる効果が実感出来たという報告があります。もとの体重よりも5%の減量に成功した人がそのうちの約6割、10%もの減量に成功した人が3割もいるそうです。ジェネリックもゼニカルと同じ成分で作られていますので、同じ効果や安全性があると言えます。ゼニカルもジェネリックも薬の服用方法は全く同じです。脂っこい食事の30分前に服用すれば良いだけです。1日の服用限度は3回までにするなどの注意点があります。万が一飲み忘れてしまった場合でも、1時間以内であれば良いと言われています。しかし、1時間以上経過している場合には、服用しても意味がありません。次の食事で2回分服用しても意味がありませんのでまとめて飲まないようにしてください。ジェネリックがゼニカルよりも安いのは、後発薬だからです。効果にはどちらも差がありませんので費用を出来る限り抑えたいという人はジェネリックが断然お得です。色んな種類がありますが、費用は全く異なりますので中でも最安値の商品を見つけて購入をすると良いでしょう。しかし、日本国内でゼニカルのジェネリックは取り扱っていませんので、肥満外来や美容外科に行けば処方されるのはゼニカルだということを理解しておきましょう。